Utokyo faculty development東京大学

インタラクティブ・ティーチング

(日本語) ナレッジセッション

WEEK 7 キャリアパスを考える1 大学教員としてのあり方(日本語) 6.振り返り

(日本語)
(日本語) 第7週のキャリアパスについて考えるが終わりました。お疲れさまでした。
お疲れさまです。
小澤さんはどの辺が印象に残っていますか。
はい。大学とあと大学教員が求められているものが変わっていく中で、じゃあそれを自分のこととして考えて、これから大学教員として研究、教育どういったことをやっていきたいのかという将来の像のようなものを考えました。それをはい、考えた上で、じゃあ今は自分で何をやってきたのか、その目指す目標に向かって今の自分の立ち位置がどこにあるのかっていうのをちょっと振り返って考えてみたくなりました。
ちょうど来週がその考えるツール、今日ポートフォリオを紹介しましたけど、具体的なチャートというものを作成していきたいと思います。では来週に是非学んでください。
はい。
今週お疲れさまでした。ありがとうございました。

    pagetop