Utokyo faculty development東京大学

お知らせ

2016.10.15

対象:

プログラム:

東大FFP第8期 DAY2 クラスデザイン・モチベーション

10月13日、14日より東大FFPの2回めでした。今回のトピックは下記のとおりです。

  • ・インストラクショナル・デザイン ADDIEモデルの紹介2016.10.13_DAY2
  • ・クラスデザイン (90分や105分の授業をどうデザインするか)
  • ・アクティブ・ラーニングの方法(問いかけ、Think-Pair-Share、Peer Instruction)
  • ・アクティブ・ラーニングの効果
  • ・モチベーション(期待価値理論)
この東大FFPでは、「経験して学ぶ・じぶんごとにする」ことを大切にしています。
例えば、Peer Instructionを経験していただきました。この手法は多肢選択問題の提示と学び合いを軸としたアクティブ・ラーニングを促す手法です。実際にクリッカーを使って一連のプロセスを経験してみることで、プロセスや多肢選択問題の質の重要性などについて理解を深めてもらえたのではないかと思います。

pagetop