Utokyo faculty development東京大学

お知らせ

2016.08.18

対象:

プログラム:

九州大学教育改革研究会に参加・発表してきました

2016年8月10日(水)、九州大学伊都キャンパスにて、東大FFP担当の栗田佳代子准教授・松原悠特任研究員と、東大FFP修了者の田中宏和さん、重松尚さんが、平成28年度第1回九州大学教育改革研究会に参加・発表してきました。

この研究会は、九州大学学務部学務企画課が主催するもので、テーマは「PFFP(Preparing Future Faculty Program)の意義と必要性―大学院生(九大、東大、阪大)とともに考える―」でした。

この秋に予定されている九州大学におけるPFFPのスタートを前に、東京大学と大阪大学が修了した大学院生の体験談を交えながら先行事例を共有し、PFFPの意義と課題を検討しました。

PFFPを運営する人たちや、PFFPに学ぶ人たちの交流が、大学を超えて実現しました。今後もPFFPが全国の大学に広がり、またその内容が充実することを期待します。

pagetop