Utokyo faculty development東京大学

イベント

【開催】ワークショップのお知らせ 11/22,23  講師:José Antonio Bowen先生

この度東京大学大学総合教育研究センターおよび米国大使館広報文化交流部主催にて、Goucher College学長のJosé Antonio Bowen先生をお招きし、下記の2種類のワークショップを開催することとなりました。

José Antonio Bowen先生は昨年”Teaching Naked: Active Learning in Higher Education”というタイトルで講演をいただきました。今回は、11/22がファカルティ・ディベロップメントに携わる方・関心のある方を対象とした「改善に向けて教員をモチベートし支援を行うためのワークショップ」と、授業改善に関心のある方を対象とした「よりよい授業を行うためのワークショップ」です。

 

こちらはBowen先生のTEDxLSUでのプレゼンテーションです。

 

なお、会場準備の都合上、下記のフォームからお申し込みください。両者は独立したワークショップですので、両方ともお申し込みの方はそれぞれにご記入ください。

申し込みは先着順にて直前まで受け付けておりますが、集中した場合には早めに参加受付を終了することがあります点ご了承ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

日時 :2019年11月22日(金) 15:00-17:00
会場 :東京大学 大学総合教育研究センター 315会議室
講師 :Dr. José Antonio Bowen 米国 Goucher College 学長
タイトル:Motivating, Supporting & Nudging Change in Faculty
対象 :ファカルティ・ディベロップメントに関わる関係者
定員 :15名
参加費:無料 (通訳なし)
主催 :米国大使館広報文化交流部・東京大学大学総合教育研究センター
参加申込 はこちら 先着順にて受け付けます。

詳細:
“Teaching Naked” is not an anti-technology approach, but technology is a tool that is only as good as the larger content into which it is fitted. The real challenge is motivating (or “nudging”) faculty to redesign courses with clear learning outcomes, assessment, and serious thinking about motivation and environment; students learn best when we combine high standards with a very supportive environment where failure can lead to change. The same applies to faculty. We need new structures to
help faculty re-evaluate the importance of course design and relationships. Course evaluations (with ONE common high value question) and the structure of faculty activity reports are two examples of key nudges.

 

日時 :2019年11月23日(土) 13:00-15:00
会場 :東京大学 福武ホール地下2階スタジオ
講師 :Dr. José Antonio Bowen 米国 Goucher College 学長
タイトル:Teaching Naked Techniques: A Practical Workshop on Designing Better Classes
ティーチング・ネイキッド テクニック:より良い授業をデザインするための実践的なワークショップ
対象 :大学・高等学校教員、など教育に携わっている者
定員 :30名
参加費:無料(日英同時通訳つき)
主催 :米国大使館広報文化交流部・東京大学大学総合教育研究センター
参加申込 はこちら 先着順にて受け付けます。

詳細:
This is a practical and active workshop for all faculty that distills the latest research on how students learn into tested techniques and best practices that work. Decades of research have brought an explosion of knowledge about how human evolution has shaped the way we process, think, and remember. Technology also provides new ways for students to receive first contact with material, enhanced opportunities to connect and create community, better ways to ensure that students are prepared for class, and new options for the sequence of learning encounters and activities.
Teaching is largely a design problem, and we need to design our classes for the brain in the body. This workshop will suggest lots of easy techniques to improve student learning while providing a process (see figure below) to guide faculty in creating better modules and courses. It follows the design process in the TNT book, which can be purchased with a bulk discount from Wiley.

pagetop