Utokyo faculty development東京大学

イベント

【開催】「インタラクティブ・ティーチング」アカデミー 第2回「90分授業のデザイン」

開催報告記事は、こちら

 

お申込が定員を大きく上回りましたため、締め切らせていただきました。

多数のご応募に改めまして感謝申し上げます。

 

日本教育研究イノベーションセンターと東京大学大学総合教育研究センターでは、標題のワークショップを以下のとおり開催いたします。

2014年11月から2016年8月までgaccoにて開講されていたオンライン講座「インタラクティブ・ティーチング」の動画が編集し直され、2017年5月より、国立研究開発法人 科学技術振興機構のJREC-IN Portal上で公開されております。また、動画の構成を忠実に再現しつつこれに加筆した書籍『インタラクティブ・ティーチング』を2017年2月に刊行いたしました。

この度、これらの動画と書籍を利用した反転授業型のワークショップを開催いたします。
今回は、初日に「90分授業のデザイン」について学びあい、1ヶ月後に実施報告および更なる改善を検討するために再び集まるという構成とします。
参加者の方々がワークショップで学んだことを着実にご自身の授業に活かすことを目指します。 是非、ご参加・周りの方へのお声掛けをよろしくお願いいたします。 詳細については、下記をご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「インタラクティブ・ティーチング」アカデミー
第2回 「90分授業のデザイン」
_____________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目的
みなさんは、ある日の90分や50分といった授業について「なぜ、この順番で説明をしたのか」、「なぜ、このワークを課したのか」と聞かれたら、すらすらと答えられるでしょうか。日々の忙しさのなか、つい何となく授業を進めてしまっていた場面に気づかされることもあるかもしれません。しかし、明確な目的と適切な手段を欠いた授業では、学習者の学びが深まる可能性を奪ってしまいかねません。

以上の問題意識を踏まえ、「学習者の学びが深まるような授業をデザインすることができるようになる」という目的のもと、本ワークショップを開催いたします。

具体的には、
①クラスデザインの意義を説明できるようになる(後述する事前学習に対応)、
②クラスデザインシート(本講座で紹介している授業設計のフォーマット)を用いて授業を改善できるようになる(当日午前の内容に対応)、
③クラスデザインシートを用いて自身の授業をデザインすることができるようになる(当日午後の内容に対応)
といった到達目標を定めております

 
1.日時
2018年4月22日(日)9時~16時:クラスデザイン改善・作成演習
2018年6月2日(土)14時~17時:実施報告・改善案検討

2.場所
東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館93B教室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html (アクセスマップ)

3.対象
どなたでも参加できます(定員20名、先着順)

4.参加費
10,000円(大学院生およびPDは無料)
*4/22と6/2両日を合わせての参加費です。

5.テキスト
栗田佳代子、日本教育研究イノベーションセンター編著『インタラクティブ・ティーチング ―アクティブ・ラーニングを促す授業づくり―』(河合出版、2017年)

6.事前学習
【全員】『インタラクティブ・ティーチング』第4章「90分授業のデザイン」を読み込む、 動画week4「90分のクラスをデザインしよう」を視聴する(https://www.utokyofd.com/mooc/contentsより無料で視聴できます。またhttps://jrecin.jst.go.jp/seek/html/yomimono/interactive_teaching1/index.htmlより登録の上、無料で視聴できます)

7.当日のプログラム
【4月22日(日)】
9:00~9:10 趣旨説明
9:10~9:30 事前学習の内容確認
9:30~11:30 クラスデザインシート改善演習
*クラスデザインシートの「サンプル」をグループで改善するワークを通して、よい授業の構成について学びあいます(適宜、休憩をとります)。
13:00~15:30 クラスデザインシート作成演習
*自身の授業のクラスデザインシートを作成し、グループワークで改善策を提案し合います(適宜、休憩をとります)。
15:30~16:00 まとめ

【6月2日(土)】
14:00~14:10 趣旨説明
14:10~16:40 実施報告・改善案検討
16:40~17:00 まとめ

8.講師
栗田佳代子(東京大学 大学総合教育研究センター准教授、『インタラクティブ・ティーチング』編者)
中村長史(東京大学 大学総合教育研究センター特任研究員、『インタラクティブ・ティーチング』第4章著者)

9.備考
*原則2日間の参加をお願いしておりますが、6/2(土)に参加できない場合にはその旨お知らせください。
*6/3(日)には、インタラクティブ・ティーチング・アカデミー第3回「ルーブリック」の一日目分の開催を予定しています。

10.お申し込み
以下の申込フォームよりお申込ください。
定員になり次第、締め切らせていただきます(先着順)。
https://goo.gl/forms/ssGFnNEvkohnpjQo2
主催:日本教育研究イノベーションセンター、東京大学大学総合教育研究センター
協力:河合塾、KEIアドバンス

以 上

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘
本件に関する問合せ先 interactivet<at>tree.ep.u-tokyo.ac.jp (担当:中村長史)までお問い合わせください。
<at>を@に替えて、件名を「IT20180422」として、ご送信いただければ幸いです

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

pagetop