Utokyo faculty development東京大学

受講者の声

2016.03.12

対象:

プログラム:

福岡県50代女性、大学常勤教員

受講して、授業設計の重要さとアクティブ・ラーニングが簡単な工夫で取り入れられることを知り、大変勉強になりました。また、教育を科学的に行っていくことの必要性や、新しい教育方法を学ぶことができました。さらに、最終課題の相互評価が、学習者のモチベーションや学習に大きな刺激を与えること、ルーブリックは学習者が学習を深めるために有用であることを知りました。本講座に大変感銘を受けています。

pagetop