Utokyo faculty development東京大学

東大FDを知る

これまでの沿革

昨今、高等教育改革において、大学教員の教育能力の向上や、豊かな学習環境の整備について必要性が主張されています。
東京大学では2011年より、教育企画室においてFDの現状を見直し、その将来のあり方について、全学的観点から議論を積み重ねてきました。
東京大学は、中期的ビジョン「東京大学の行動シナリオ FOREST 2015」(平成23年度改訂版)において「教員の職能開発(FD)の実施方針の策定と効果的な推進」を明記し、その下で次の4つの取り組みを推進してきました。

  • 東京大学としてのFDの理念を定め、その全学的合意を得ること
  • 各部局で行われている、特にファカルティへのFDの現状を組織調査によって明らかにし、各部局へ定期的にフィードバックすること
  • 個々の部局で行うよりは全学で行った方がより機能する、大学院生向けプレFDおよび若手教職員向けFDを、全学のプロジェクトとして推進すること
  • 東京大学のFDを全国に提供すること

「行動シナリオ」の成果は2015年3月に公表されており、そこでは、大学総合教育研究センターによる「東京大学フューチャーファカルティプログラム」や「インタラクティブ・ティーチング」(後述)の実施が、教員の教育能力の向上に貢献したことが報告されています。
また、2015年10月には「東京大学ビジョン2020」が公表されました。
そこでも、教育活動の質をいっそう高め、その価値を掘り起こし可視化していく必要があることが宣言されています。

具体的には、ビジョン2「基礎力の涵養と『知のプロフェッショナル』の育成」においては、他分野との積極的な対話と協働およびその知見の社会へのフィードバック、そして多様な視点からの自らの位置づけや役割の相対化に貢献できるものと考えています。
ビジョン3「21世紀の地球社会における公共性の構築」においては、卓越した多様な学知の蓄積を十分に活用し、国境・文化・世代の壁を越えた協働関係を拡大していくことに貢献できるものと考えています。
ビジョン4「複合的な『場』の充実と活性化」においては、卓越性と多様性の相互連環の加速に貢献できるものと考えています。

pagetop